ひっそり映画感想
must555.exblog.jp
ブログトップ
映画:アイランド
2005年 07月 30日 *
映画の前半は、クローン人間のコミュニティー内でのお話。食事、健康、娯楽など全てが管理統制された世界で、この中のクローン人間達は、何の疑いもなく夢の楽園「アイランド」に行くことを夢見ていますが、主役のリンカーン・6・エコーは、それに疑問を抱き始めます。

この「アイランド」行きの切符は抽選で決まるのですが、その抽選にリンカーン・6・エコーと仲の良かったジョーダン・2・デルタが当選したことから、徐々にストーリーが動き始めます。

が、この前半部分、妙に間延びし過ぎです。正直、こんな話が延々と続くのかーと、途中で嫌になってしまいました。話に抑揚がないので、余計に長く感じます。

後半は、リンカーン・6・エコーとジョーダン・2・デルタがコミュニティーを脱出してからのお話になりますが、こちらは手に汗握る展開で結構面白かったです。
ただ、カーチェイス部分の時間が長いので、多少目が疲れるのが難点といえば難点。

公式サイト、映画館:池袋東急
[PR]