ひっそり映画感想
must555.exblog.jp
ブログトップ
映画:宇宙戦争
2005年 07月 01日 *
さすがに話題作だけあって、むちゃくちゃ混んでいます。いくら1stDay(映画の日)だからって、レイトなのに前の座席以外満席ってなんなんですか!レイトでこんなに混んでいたのは初めてです。

内容ですが、正直がっかりです。パニック映画としては、決して駄作ではないのでしょうけど、前期待が大きかっただけに、その反動でがっかり感は相当なものでした。
完全に話題先行、監督・役者名先行、マスコミに踊らされた典型的な例ですね。

確かに映像は凄いです。迫力あります。でも、やっぱりお話あっての映像だと思うのですよ。そのストーリー部分が薄っぺらで中身が全然ない。

プロモーションで家族愛って言ってるけど、娘は叫んでいるだけだし、息子はいきなりエイリアンと戦うとか言って突っ込んで行って行方不明。人間なんてゴミのように簡単に殺されてしまっているのに、何故か最後、生きて先に目的の場所に着いちゃってる。なんでやねん。

そして、一番頂けないのが、オチというかあの終わり方。原作に忠実なのはいいが、もう少し、やりようがあるだろうに…。

公式サイト、映画館:シネプレックスわかば
[PR]