ひっそり映画感想
must555.exblog.jp
ブログトップ
映画:きみに読む物語
2005年 03月 18日 *
色々なトコで言われているほどには感動しなかったけど、でも、とても心の温まるいいお話でした。女性の方は、結構涙を流している人が多かったですねー。やっぱり、純愛というか一途な想いというか、「愛する人にこんなに想われているんだ」といったものに弱いのでしょうか。

この映画、一言で言えば、直球の恋愛映画です。最近ありがちな、嘘くさい、無理に泣かせようとする演出なんて野暮なものはありません。これでもかってくらいに真っ向勝負です。
物語の結末は見ている途中で簡単に分かってしまうのですが、分かっていながら、それを素直な気持ちで受け入れることができます。
ちょっと古臭い作りだけど、それがまたいい雰囲気を醸し出しています。

歳を取っても、痴呆になっても、伴侶をあれだけ愛せるっていうのは、見ていて気持ちがいいくらいです。自分も歳を取った時にそうありたいものですねー。

公式サイト、映画館:シネプレックスわかば
[PR]