ひっそり映画感想
must555.exblog.jp
ブログトップ
映画:ネバーランド
2005年 01月 15日 *
ピーターパンの物語誕生にまつわる劇作家(ジェームズ・マシュー・バリ)の物語です。
涙を流すほどではなかったけれでも、とても心温まる良いお話でした。ちなみに、結構涙を流している人もいました。間違いなく今年最初の感動作だと思います。

ジョニー・デップがジェームズ・マシュー・バリを演じているのですが、「ジョニー・デップってこんなに演技うまかったっけ?」と思うくらい、彼の演技にに引き込まれてしまいます。本物の人間臭さというか、嘘らしさのない素晴らしい演技です。

ストーリーも、泣かせようと思って泣かせるようなものではなく、意識しなくてもじわじわと感動が押し寄せてくるような感じです。病床に臥せるシルヴィアにピーターパンを見せる約束を果たすシーンで、目の前にぱーっとネバーランドが広がる場面では、思わずグッときました。

いいなぁ、こういうお話。大好きだ。

公式サイト、映画館:新宿スカラ
[PR]