ひっそり映画感想
must555.exblog.jp
ブログトップ
<   2005年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧
*
*
2005年 03月 19日 *
内容には満足。単純明快な面白さって感じですかね。テンポよく、分かりやすい面白さ。
このあたり、ジェリー・ ブラッカイマーらしさというか、パイレーツ・オブ・カリビアン風味というか、そんな感じ。

謎解き→アクション→謎解き→アクションといった感じで、どんどんストーリーが進んでいきますが、インディー・ジョーンズと比べてしまうと、全体的に地味っぽい印象があります。やっぱり、主役の顔(笑)?

ニコラス・ケイジは嫌いじゃないけど、こういう冒険活劇ものの主役としてはうーんといった感じですね。

公式サイト、映画館:新宿文化シネマ
[PR]
2005年 03月 18日 *
色々なトコで言われているほどには感動しなかったけど、でも、とても心の温まるいいお話でした。女性の方は、結構涙を流している人が多かったですねー。やっぱり、純愛というか一途な想いというか、「愛する人にこんなに想われているんだ」といったものに弱いのでしょうか。

この映画、一言で言えば、直球の恋愛映画です。最近ありがちな、嘘くさい、無理に泣かせようとする演出なんて野暮なものはありません。これでもかってくらいに真っ向勝負です。
物語の結末は見ている途中で簡単に分かってしまうのですが、分かっていながら、それを素直な気持ちで受け入れることができます。
ちょっと古臭い作りだけど、それがまたいい雰囲気を醸し出しています。

歳を取っても、痴呆になっても、伴侶をあれだけ愛せるっていうのは、見ていて気持ちがいいくらいです。自分も歳を取った時にそうありたいものですねー。

公式サイト、映画館:シネプレックスわかば
[PR]
2005年 03月 01日 *
正直なところあまり内容に期待してはいなかったのですが、案外…というか、かなり面白かった!

いきなり誘拐されて監禁される。壊れた電話でなんとか見ず知らずの人の携帯に繋げる。ヘルプミー。まどろっこしい前置きがない分、急激に話に引き込まれる。しかも、作りがうまい。

何故?犯人グループは誰?など、謎の多い状態で始まり、話が進むにつれ、次々と謎が明らかになっていく。コメディあり、シリアスあり。展開が心地よい。

なにより、話が展開するにつれて、電話を受けて助けに向かうちゃらちゃらした青年が、段々格好良く見えてくるから不思議だ。
それだけ、話に引き込まれているという事。こういう小気味の良い映画は久しぶりだ。

公式サイト、映画館:シネプレックスわかば
[PR]