ひっそり映画感想
must555.exblog.jp
ブログトップ
2004年 05月 22日 *
最後が少しあっけなかった気もするけど、戦闘シーンは迫力があったし、歴史好き&剣とか鎧とかが好きな私には、十分楽しめる作品でした。満足です。

でも、ブラッド・ピット演じるアキレスは…うーむ、ちとイメージが違うかなぁといった感じ。もう少し迫力が欲しかった。それよか、ヘクトル役のエリック・バナですよ! すごくかっこいいというか適役。今作品の自分的主役は彼でした。
そして、どうしても気になってしまったのが、パリス役のオーランド・ブルーム。最後の方に弓で戦う様は、ほら、もう、あのエルフですよ。ロード・オブ・ザ・リングのレゴラス(笑)

→映画館:新宿ミラノ座
[PR]
2004年 05月 01日 *
映像は綺麗でした。CGもなかなかの出来。1シーン1シーンの動きもそこそこ。話のちょっとした伏線が次々と明らかになっていくのも、面白かったです。
でもね、肝心のストーリー展開は…微妙過ぎ。B級を通り越して(以下略)。
最後の最後こそは何かあるだろうと思っていたのですが・・・思っていたのですけど…
ボーン!…って、それで終わりかい(笑)!

それより、この映画、キャシャーンの名前を使う必要ってあったのでしょうか?
アニメの「新造人間キャシャーン」とは全く別物だよなぁ。悪く言えば、名前だけ騙る紛い物って感じなのですが・・・。

公式サイト、映画館:新宿松竹会館
[PR]
2004年 04月 11日 *
内容は、攻殻機動隊を知らない人にはつらいだろうなぁという内容です(私は前作もS.A.Cも見ていたのでなんとかついていけましたが)。少なくとも、前作を見ていないと途中で眠ってしまうくらい訳が分からないと思うので、今作が初めてという方はご注意を。
ストーリーが小難しかったので、DVDが出たらもう一度見てみたいなぁと思っています。

ただ、映像はすごく綺麗だし、アジア的な雰囲気もナイスな感じで、映像作品としては非常に楽しめると思います。そして、これぞ「攻殻」といったような、相変らずの音楽も良かったです。

公式サイト、映画館:六本木ヒルズVIRGIN TOHOシネマズ
[PR]
2004年 04月 01日 *
盲導犬のお話です。ストーリーの方は、いたって単調というか、淡々としているというか、狙いすぎというかそんな感じでした。こういう無理に泣かせようとする演出はちょっと・・・という気がします。でも、クイールが可愛かったので許す(笑)

と、私はそんな事を考えながら見ていたのですが、隣に座っていた見知らぬねーちゃんは、見事なまでに大泣きしてました。いや、泣くのは全然構わないのですが、咽びすぎて、こっちの座席まで激しく揺れているのですけど(笑) すごい泣きっぷり。
この演出でここまで泣けるなんて、ある意味尊敬。

→映画館:池袋シネマ・ロサ
[PR]